遺産相続・遺言のご相談なら

電話番号03-5956-2366
まずはお気軽にご相談ください
メールフォームから相談する
LINEで相談する

相続コラム

使い込み訴訟、被告の答弁その3親との会食

使い込みを疑われ返還請求をされる側は、親の介護などをおこなったケースがよくあります。そのとき、親を連れて家族で会食したときの費用は、必要経費となり使途不明金として返さなくていいか。

被告となる人には、いちいち会食のレシートだとか、領収証を持っている人もいます。そのようなとき、人間の行動パターンとして、家計簿なども付けていることが多いです。

家計簿を付けていると、それは多くは、手書きの被告の内部文書なので、信憑性がどうかという問題があります。事後的に何でも書けちゃう側面があるからです。

裁判所は、こういった書面でも、被告の手数の少なさから、公平を図るために、証拠として採用する傾向があります。

ですので、その中で親との会食も書かれているときには、その頻度金額が大きく常識からずれるものはともかく、経費として認められる傾向にあります。

原告側は、その頻度、金額、内容の不合理性を目を皿にして見つけないとなりません。

2019-02-14|タグ:

まずはお気軽にご相談ください
電話番号03-5956-2366
受付時間 AM9:00~PM6:00
※時間外の場合はお問い合わせフォームをご利用ください。