遺産相続・遺言のご相談なら

電話番号03-5956-2366
まずはお気軽にご相談ください
メールフォームから相談する
LINEで相談する

相続コラム

使い込み訴訟、被告の答弁その8贈与

父母が身体精神が劣ってきたときに、子の一人にこのお金を使って介護をしてほしい、残ったものはみなお前にもらってほしい、という思いを持つことはよくあります。

被告の答弁で、もっとも判断の分かれるのが、この、子への包括的贈与です。

たとえば、子が若いときに、親に送金して経済的援助をしていたときなどには、親が後々そう思いを託すこともありうることです。

被告としては、そのような贈与があり得る親子関係であったことを、細かく証明していくことが必要です。

ただ、漫然と、使途の説明できる項目以外は贈与というのでは不自然で、認められにくい傾向にあります。

その点は、やはりケースバイケースですので、専門家に個別に相談して、利のある事項だと思います。

2019-03-12|タグ:

まずはお気軽にご相談ください
電話番号03-5956-2366
受付時間 AM9:00~PM6:00
※時間外の場合はお問い合わせフォームをご利用ください。