小堀球美子のひとりごと

サンタについて

今日、NHK朝ドラを見て、胸が一杯になった。

親子3世代に渡るファミリーヒストリーだが、物語を通して出演するサンタ叔父さんが現れた。

人は勝手なもので、自分の生きている時代しか知らない。ひいばあさんが居て、お婆さんが居て、お母さんが居て、それで私がいるのだと思いをいたすことに努力しない。

人の人生は尊く長い。縁故の昔からつながっているから尊いのだ。

サンタ大叔父さんが生きて死に行く。市井の一人間が生きて死ぬことが日常なのだ。そんななか、一隅を照らす物語に感動した。

2022-03-15|タグ:

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す