小堀球美子のひとりごと

再びトニオクレーゲル

何度か、トーマスマンのトニオクレーゲルという作品について書きましたが、忙しい日々にふと立ち止まって顧みるフレーズがあります。

トニオはハンス・ハンゼンを愛していて、すでに多くの悩みを彼のためになめて来たのである。最も多く愛する者は、常に敗者であり、常に悩まねばならぬ。

お客さんのことを思っても、必ず返ってくる訳ではない、従業員のことを思ってしても、理解されることもない。

そんなときにこのフレーズを思い出すのです。結局独りよがりなのかな。

新春の夕べ、そのことを小さく思い、大きく身震いをしました。

2022-01-20|タグ:

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す