遺産相続・遺言のご相談なら

電話番号03-5956-2366
まずはお気軽にご相談ください
メールフォームから相談する
LINEで相談する

小堀球美子のひとりごと

大河について

麒麟がくるの最終回の余韻からか、「青天を衝け」の初回視聴率が良かったようです。

大河フリークの私が、何度も映像を見直して良かった場面。

櫛を川の瀬に落とした女児が、女児に好意抱く少年に付いて櫛を探していたとき、罪人として拘束中の「高島秋帆」に櫛を拾ってもらいます。

その直後、高島秋帆は官憲につかまってしまうのですが、その場面を見ていた女児が「いいえ、いいお方です」と言う。

子どもは単純ですから、官憲につかまった人をいいお方などと言わないと思います。

ここに、フィクションの限界があると思うのです。事実は小説より奇なりと言いますが、フィクションで描かれるほどに、事実は劇的ではないのです。

普通なら女児は、「罪人などに拾われて嫌な思いをした」と言うでしょう。

フィクションは、所詮お話、私はノンフィクションの世界に生きる者として、実存に沿いたいと思います。

2021-02-16

まずはお気軽にご相談ください
電話番号03-5956-2366
受付時間 AM9:00~PM6:00
※時間外の場合はお問い合わせフォームをご利用ください。