遺産相続・遺言のご相談なら

電話番号03-5956-2366
まずはお気軽にご相談ください
メールフォームから相談する
LINEで相談する

小堀球美子のひとりごと

腹が減るということについて

人生長いので、山あり谷あり、落ち込んだり絶好調だったり。

どんな時も腹が減るね。

人間はどんな環境でもモノを食らう。

しかし、そうでない時期もありました。地方都市に住んでいたとき、残りの人生を生きている気がして、腹が減らなかった。

体重もどんどん少なくなってきて、このまま自分が無くなってしまうのではないかと思いました。

それでもモノを食らって生きてきました。

悩んで食べられない→極限まで腹が減る→やけ食いする→元に戻る→食い過ぎる

人間とは勝手な生き物で、精神活動と生存活動は、一方が行き詰まると忘れていた一方が頭をもたげる。

モノを食らうとは、悲しい連鎖なのです。

2020-05-18

まずはお気軽にご相談ください
電話番号03-5956-2366
受付時間 AM9:00~PM6:00
※時間外の場合はお問い合わせフォームをご利用ください。