小堀球美子のひとりごと

「プライベート」の記事一覧

人間について

2022年4月26日

人は、感情の生き物で、さくさくと仕事をこなしている状況下でも、ときどき、感情の波に襲われることがあります。 オンである仕事をしている場面で、オフであるプライベートなあれこれが頭をもたげてくることがあるのです。 その境界を… 続きを読む 人間について

津軽海峡冬景色について

2022年1月11日

年末の紅白で、石川さゆりさんが「津軽海峡冬景色」を披露していました。 私は、リアル津軽海峡冬景色で、父の実家が江別市にあったため、お盆休みとか正月休みに津軽海峡を渡っていました。 私の世代なので飛行機もあったのですが、何… 続きを読む 津軽海峡冬景色について

誕生日について

2021年10月18日

先日5●回目の誕生日を迎えました。はっきりと年齢を表示しないとこに、私も成長したな。 若い頃は、自分がとても大切で、自分の誕生日が特別な日と思いがちだった。 今では、一通過点、人類になんら特別なことではないとよく分かって… 続きを読む 誕生日について

中学校の思い出について

2021年9月21日

私は、小学校3年生から27歳まで、埼玉県日高市に住んでいました。小中学校の発育途中に地元の小中学校に通い、高校は都内でしたが、1時間20分ほどかけて電車通学していました。大学も遠くから通い、司法試験の受験時代も日の出る前… 続きを読む 中学校の思い出について

9.11について

2021年9月14日

20年前同時多発テロのときは、みなさん、どうお過ごしでしたか? 私は、仕事が終わって帰宅し、いつものルーティンとして、映画タイタニックを見ていました。私は行き詰まると特定の映像を見続ける習性が昔からあります。駆け出しの頃… 続きを読む 9.11について

2,028年について

2021年8月18日

ネットフリックスで「未来少年コナン」を見た。1,978年にテレビ放映していたというから、私が10歳のころだ。若かりし、宮崎駿氏が監督をしている。 物語の設定が、2,028年の「残され島」。核戦争で世界が千々に乱れた後の世… 続きを読む 2,028年について

ジャーマンドッグについて

2021年7月20日

作家の立花隆さんの訃報に接しました。思い出すと、田中角栄研究、日本共産党研究、中核と革マル、臨死体験など氏の著作を若い頃読んだものでした。 立花さんは東京文京区春日辺りに仕事場を持っていたことは週刊誌などで知っていました… 続きを読む ジャーマンドッグについて

ワクチンについて

2021年7月13日

新型コロナのワクチンを打ってきました。1回目です。 少し肩の辺が痛い気もしますが、あまり副反応はないようです。 会場で待機していると、一人のじいさんが、「俺はここへ来た証拠だけでいいんだ。タクシーを呼べっ」と騒いでいまし… 続きを読む ワクチンについて

卒業について

2021年4月26日

卒業の時期から少しずれてしまったけど、NHKのSONGSを視ていたら、斉藤由貴の「卒業」をやっていました。 若い頃の斉藤と、現在の斉藤の歌声を聞いたけど、年輪を感じました。由貴さんもいろいろあって、大人になって、そういう… 続きを読む 卒業について

大河について

2021年2月8日

2020年大河ドラマが終わりました。大河はいいなぁ。人生の醍醐味を味わえる。 世を変えた歴史上の人物なら人生の醍醐味ということはあるだろう。 一介の市民はどうなのだろう。 一人一人にも人生のトピックスはある。そのトピック… 続きを読む 大河について

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す


Fatal error: Call to undefined function cTpl_content_nav() in /home/koborilaw/www/koborilaw2021/wp/wp-content/themes/twentytwentyone/taxonomy-hitorigoto_category.php on line 24