小堀球美子の相続コラム

使い込み参考事例=Pさんの場合(遺産に1億円の土地があり、 使い込み額 が1500万円であった事案)

Pさんは二人きょうだい。兄と妹Pさんです。
父の残した実家は時価1億円の評価でした。あとは、兄に1500万円の使い込みがありましたが、うち200万円はPさんがもらっていました。兄は実家を受け継ぎたいと言っています。
使い込みは地裁で返還請求をするのが相当ですが、遺産の額に比して使い込み額が少額であったので、家裁に遺産分割調停を起こしました。
家裁では不動産の評価を中心に話し合われました。Pさんは、厳密に不動産鑑定し、半額を厳密にもらうか、一括で払ってもらえる額で妥協するか選択を強いられました。結局一括で3000万円で妥協し調停を成立させました。
家族間で満額を主張し、長期分割を選択しても、一般に甘えがあり、抵当権など入れていないと履行してもらえないことも多いです。多少でも妥協して一括でもらった方が得策と言えます。

2014-10-29|タグ:

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す