小堀球美子の相続コラム

「遺言相続」の記事一覧

相続法改正~恋しさとせつなさと心強さを~結局心強さのあまりなかった今回の改正

2021年7月5日

【総括】 私の実体験をコラムにまとめてみましたが、ほかにも、実効性があるのだろうかという改正が散見されます。 配偶者居住権は、たとえば、先妻の子と後妻の争いなどに、配偶者が居住権も得て、預金等の取得も望めるという点に改正… 続きを読む 相続法改正~恋しさとせつなさと心強さを~結局心強さのあまりなかった今回の改正

相続法改正~恋しさとせつなさと心強さを~5遺留分制度

2021年7月1日

【遺留分制度はこう変わった(恋しいね)】 遺留分減殺請求権は法改正で遺留分侵害額請求権に変わりました。これは天と地がひっくり返るほどの改正で、実は相続法改正の目玉だと私は思っています。 相続開始(父母が亡くなった日)が令… 続きを読む 相続法改正~恋しさとせつなさと心強さを~5遺留分制度

相続コラム~となりの遺産分割番外編「29葬儀費用」

2021年6月14日

葬儀費用は誰が負担するか、は永遠のテーマです。 結論を申せば、葬儀会社と契約した人、葬儀を主催した人が負担します。 しかし、家族も色々です。喪主はお兄ちゃんが務めたが、葬儀会社との折衝などは、きょうだい揃って務めた、名目… 続きを読む 相続コラム~となりの遺産分割番外編「29葬儀費用」

相続コラム~となりの遺産分割番外編「22マイナスの遺産の行方」

2021年6月11日

遺産の中に、負債があるとき、あるいは、北海道の原野や地方の山林があるとき。 まずは、相続放棄を検討します。しかし、プラスの財産も十分にある場合、熟慮期間3ヶ月を過ぎてしまったときなどは、相続放棄ができません。 遺言があっ… 続きを読む 相続コラム~となりの遺産分割番外編「22マイナスの遺産の行方」

相続コラム~となりの遺産分割特別受益編「8特別受益と遺言(相続させる)」

2020年6月26日

たとえば、遺言に、甲不動産をAに相続させる、そのほかの遺産については遺産分割するとか書いてあったり、そのほかの遺産については言及がなかったりしたときです。 相続人は、ABの2人兄弟。亡父に甲不動産と、乙不動産、丙不動産、… 続きを読む 相続コラム~となりの遺産分割特別受益編「8特別受益と遺言(相続させる)」

相続コラム~となりの遺産分割、手続き編「4遺産分割と遺言」

2020年6月12日

遺言があるときには、遺産分割は必要でなく、そのまま遺言内容を執行(実現)すればいいだけです。 たとえば、遺言にある不動産を相続させると書いてあれば、遺言を法務局にもっていけば、そのとおり登記をしてくれます。これは、自筆証… 続きを読む 相続コラム~となりの遺産分割、手続き編「4遺産分割と遺言」

相続コラム~となりの遺産分割、手続き編「遺産分割と遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)」

2020年6月10日

父母が相次いで亡くなったというケースで、後に亡くなった母にだけ遺言があり、その遺言によれば自分の遺留分が侵害されているというような場合です。 父については、遺言がないわけですので、遺産分割協議が行われなくてはなりません。… 続きを読む 相続コラム~となりの遺産分割、手続き編「遺産分割と遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)」

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す


Fatal error: Call to undefined function cTpl_content_nav() in /home/koborilaw/www/koborilaw2021/wp/wp-content/themes/twentytwentyone/taxonomy-souzoku_category.php on line 23