小堀球美子の相続コラム

相続コラム?遺産分割協議で不動産をもらうこと

遺産分割協議で不動産の価値について合意できたとき、その数値を基礎として、遺産分けの計算を行い、結果不動産を得たとします。
その価値があるのだから、公平と言えるのですが、特にその不動産自体をほしいと思っていて、不動産の個性に執着があるというのであればいいですが、遺産分けの後、売ってしまうことを考えているときには注意がいります。
不動産売買は市場があるので、売れるか売れないか、いくらいで売れるか、その維持費等を考えないといけません。
売れない物件をもらってしまって、結局固定資産税を払う反面、なかなか売れないということも起こりかねません。
誰しも、現実的な価値が客観的である現金をもらいたいと思うものですが、不動産をもらうことが現実になってくる場面では、早めに専門家に相談した方がいいでしょう。

遺産分割調停

2012-03-12|タグ:

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す