小堀球美子の相続コラム

相続に関する「預金の使い込み」の判例

私も弁護士なので、最高裁のHPで最近の判例をチェックしています。
そのなかで、私の事務所でよくあるご相談案件「遺産である預金の使い込み」の事例を検索してみます。
私の実務での現状認識と異なり、案外少ないことが分かります。
一方で、裁判官の方と雑談していると、「ありうる事案だよね。」とおっしゃておられます。
ドウユウコト?
おそらくは、実際にそのような事案を訴訟に持ち込んで解決する弁護士が少ないか、訴訟に持ち込まれたとしても、和解で終わることが多く、判決に至らないかなのでしょう。
現場の感覚としては、安易に交渉を打ち切るべきではないけれど、こう着状態が続くなら、ステージを変えて協議したほうが、早期解決に結びつきます。

2014-05-23|タグ:

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す