小堀球美子の相続コラム

相続コラム‘ほっとブレイク’和解する日本人

相続の事件でも、多くの場合は和解で解決します。
親族間の紛争ですので、感情的もつれが激しく、どうしても勝ちたいという気持ちを持っているのが常です。
それでも、最後には、ここで解決しないと解決するタイミングを失ってしまう、とお話しすると、みなさん真剣に聞いてくださり和解してくれます。
そんな姿を、私は美しいと思います。
憎んで恨んで、徹底的に争った事案でも、裁判所や代理人に敬意を表して納得してくれる。それが日本人なんだなあとつくづく思います。

2014-11-28|タグ:

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す