小堀球美子の相続コラム

相続コラム‘ほっとブレイク’ 相続紛争 のキモ

 遺産分割調停など行っていると、時々双方弁護士である代理人が就いているのに、全く譲歩しない相手方がいることがあります。
 相続紛争は家族間の争いですので、やはり、話し合いで解決する場面が多く、ある程度の譲歩は必要です。同じ分だけ相手も譲っているのです。
 かたくなな相手を見ていると、なぜ代理人は説得しないのだろうと思うことがしばしばです。
 相続は、親から財産を受け継ぐという意味で、親への感謝と、ほんの少しのきょうだいへの思いやりがないと解決しません。
 ほんの少しでいいのです。その優しさを説くのも、代理人のつとめと思うのです。

2015-03-05|タグ:

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す