小堀球美子の相続コラム

使い込み参考事例=Qさんの場合(使い込みがあったが、 双方代理人 が就いたことで 遺産分割協議 が成立した事案)

Qさんの父が亡くなりました。相続人は母とQさん。母について使い込みが1000万円あり、その他土地が固定資産評価額1000万円の実家、残った預金が500万円でした。
不動産の評価は、固定資産評価額で早期に合意できました。
母は、使い道を比較的誠実に説明し、領収証なども出したので、説明の付く500万円についてはQさんも納得しました。
結果として、使い込みを含めた全財産を計算して、説明の付く使い込みは除いて、母が実家を取得する前提で、2000万円の半額1000万円をQさんがもらうことで遺産分割協議が成立しました。
お互い代理人が就いたことで、冷静に対応し、満額和解した事案でした。

2014-10-29|タグ:

年別に記事を探す

カテゴリー別に記事を探す